ネット上には実に数多くの出会い系サイトが存在しますが、それらのすべてが出会いが見つかるサイトというわけではありません。
むしろ、利用者数や男女比率の関係でなかなか出会いが見つからないサイトの方が多く、なかにはサクラやダミーサイトのように登録することで思いがけないトラブルに巻き込まれるサイトもあるのです。

出会い系サイトで手堅く出会いを見つけたいのであれば、優良と呼ばれるサイトを利用することが臨まれます。
しかし、優良なサイトについての判断には個人差がありますし明確な基準もないため、すべての利用者に対して優良なサイトを紹介するのは困難を極めます。

そこで、ここでは一般的な視点で優良と呼ばれる出会い系サイトの条件についてまとめてみたいと思います。

出会えなければ優良ではない・・・?

優良なサイトにつての判断を「出会えた」「出会えなかった」だけで判断するのはちょっと無理があります。
もちろん、「出会えた」サイトを優良と判断するのは間違いではないでしょうが、これでは一度も出会いに成功したことがない人は利用しているサイトを「優良ではない」・・・と判断せざるを得なくなるからです。

それに、積極的にアプローチしない・・・とか、プロフィールやメールの内容が悪い・・・と言ったように、出会えない原因が利用者にあるとしたら、いくら優良なサイトを利用していても出会いは実現しません。
つまり、出会えない理由が自分自身の問題なのかもしれないということです。

ですから、出会えないからと言って優良なサイトではない・・・という判断はできないのです。

優良なサイトの条件

それでは、優良なサイトとはどういったサイトなのでしょうか?
一般的な視点で見た優良な出会い系サイトの条件には次のようなものがあります。

運営実績が長い

運営実績に長さは優良なサイトであることを判断する目安となります。
出会い系サイトは、出会いを提供するサイトですから出会いが見つからなければ自ずと利用者は減っていきます。
利用者が減少すれば有料のサイトは運営できなくなりますし、無料のサイトでも広告を配布できないため運営していく意味がなくなります。
つまり、出会えないサイトには人は集まりませんので長く運営できないということです。
逆に、出会えるサイトはクチコミなどでその評判が広がり、常に利用者が集まってきますので長く運営できるのです。

利用者が多い

先に書いた「運営実績が長い」と重複するするかもしれませんが、出会えないサイトには人は集まりません。
利用者が多いということはそれだけ人気があるサイトと言うことです。
つまり、出会えるサイトだからこそ利用者がたくさん集まっているということになるのです。
しかし、ただ単に利用者が多いというだけでは優良なサイトとは言えません。
なぜなら、利用者のほとんどが男性だったとしたら、男性にとっては出会いにくいサイトと言うことになるからです。
男女の比率がバランスよく保たれているサイト・・・つまり、男性にも女性にも出会いやすいサイトこそが優良なサイトなのです。

料金が安い(有料サイトの場合)

利用するサイトが有料のサイトならば、利用料金は安いに越したことはありません。
料金が安ければ無理なく利用できますし、長く継続して利用できます。
それに、サクラが心配されるポイント制のサイトでも、ポイントの料金や消費ポイント数が少ないサイトであればサクラを使っても効率は良くありませんので、サクラの被害に遭うリスクは少なくて済みます。

機能やサービスが充実している

機能やサービスについては必要最小限の機能さえあれば十分・・・という人もいますので、一概にサービスが多い方がいいとは言えませんが、出会いに繋がる機能やサービスが充実しているということは、それだけサイト側がリアルな出会いをサポートしているということになりますので、使わないにしても機能やサービスは充実しているサイトがおすすめと言えます。
また、機能やサービスが充実しているというだけでなく、それらが使いやすい機能やサービスであることも重要なポイントとなります。

セキュリティーやサポートが万全

出会い系サイトを利用する上でセキュリティーやサポートは重要なポイントです。
出会い系サイトは匿名性が高いとはいえ、個人情報の取り扱いや問題が生じた際のサポート体制が万全でなければ優良なサイトとは言えません。
利用者間、あるいはサイト側とのトラブルを未然に防ぐための取り決めが利用規約に記載されているか・・・。
あるいは、トラブルが生じた際の対応が迅速に行われる仕組みがあるかなどは重要なポイントになります。