出会い系サイトは、出会いを求める人たちにとって大変画期的なサービスなのですが、その利便性を逆手にとって悪質なサイトが存在するのも事実です。

出会い系サイトでリアルな出会いを実現させるためには、悪質なサイトや危険性を知ってあらゆるトラブルから身を守ることが必要となります。

ここでは、出会い系サイトを利用する上での注意についてまとめています。

被害に遭わないために

出会い系サイトに関連する犯罪やトラブルは減少傾向にあるものの、いまだに被害者になる人がいることを忘れてはいけません。

出会い系サイトの利用でトラブルに巻き込まれたり被害者にならないようにするためには、出会い系サイトの危険性を理解しそれらを回避する知識を身に着ける必要があります。

それでは、出会い系サイトにはどのような危険性があるのでしょうか・・・

出会い系サイトの危険性

出会い系サイトでのトラブルの原因には次のようなものがあります。

サクラ

サクラは古くからある手法で、店側の人間が客のフリをして一般の客を誘導し賛同させたり料金を支払わせたりします。
出会い系サイトでは、サイト側の人間が会員のフリをして故意に課金させたり有料のサービスへ誘導したりします。

サクラは料金の発生するサイト、特に機能やサービスを利用するたびに課金となるポイント制のサイトでは注意が必要です。

また、出会い系サイトではサクラに似た手法で「成りすまし」というものもあります。
これは、有名なアイドルや芸能人を名乗ってメールで相談を持ち掛け、メールのやり取りを繰り返したり有料のサービスを利用させるなどして高額な料金を巻き上げるといったものです。

冷静に考えればありえもしないことなのですが、それにいとも簡単に騙される・・・それが出会いというサービスを逆手にとった詐欺の手口なのです。

架空請求

架空請求は、有料の機能やサービスを利用していないにもかかわらず料金を請求されるというものです。
被害者の多くは、請求された金額が半端に支払えない金額ではないことや、問題を大きくすることで出会い系サイトの利用がバレることを恐れ支払ってしまうケースがあるのです。
まさに、出会い系サイトの利用を逆手にとった詐欺行為と言えるでしょう。

詐欺を目的とした請求には架空請求のほかに不当請求というものもありますが、不当請求は実際に有料のサービスは利用したものの請求された金額が水増しされているケースを言います。

クリック詐欺

クリック詐欺は、サイト内に設置されたリンクやボタンをクリックすることで身に覚えのない登録や取引が完了したかのような画面が表示され、支払いを迫られるといった詐欺行為です。
悪質なケースになると、登録完了の画面や請求画面が繰り返し表示されるといったウィルス障害が起きることがあります。

この手の詐欺は、悪質なアダルトサイトや出会い系サイトでも見られるので注意が必要です。

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺の主な手口は、まずは実在する銀行やクレジット会社の名前で偽のメールが送られてきます。
そのメールには、住所や氏名・電話番号をはじめメールアドレスや金融機関のIDや暗証番号、クレジット番号などを入力して返信するように求められており、実際に送信してしまうとそれらの個人情報を盗まれる結果となり、金融機関からお金を引き出されたりクレジットカードを不正に使用されるといった被害に遭ってしまいます。



出会い系サイトを利用する際は、まずは利用するサイトが悪質なサイトでないことを確認しなければいけません。
万が一、悪質なサイトに登録してしまいサクラに遭遇したり、架空請求を受けることがあっても慌てることなく無視し続けることで被害を食い止めることができます。

また、出会い系サイトに限らずネット上で個人情報を扱う場合は、信頼できるサイトであることを確認したうえで扱うようにしましょう。